後発医薬品(ジェネリック薬品・GE・ゾロ) HOME                           後発医薬品、その後 へ                           戻 る


後発医薬品(ジェネリック医薬品・GE薬品・ゾロ品)


★ 貴方は、もう代えましたかお薬を”後発医薬品”に!
患者である貴方が申し出しない限り変わりません。


ゾロと言えば「怪傑ゾロ」を思い出しますが、そのゾロではなく、ゾロ目のゾロからきている のではと私は考えますか゛案外ゾロは 医療費の救世主?かもしれません。

お医者さんから貰う(買うよう命令?される)お薬は、誰が決めるのでしょうか。 通常、お医者さんが決めて処方箋という紙切れでお薬屋さんへ指示するわけですが 本来、医師が提言して患者がどんな薬を服用するか決めるべき問題だと思います。

この4月(2006年)から処方箋の様式が変更されて以来、後発医薬品(GE薬品)の使用が 増加しているようです。特許期限が切れた薬品を別の会社が製造したものを 後発医薬品といいますが、従来この使用量がアメリカ、イギリスが50パーセント ドイツ40パーセントオランダがそれに続いていましたが日本では10パーセント 台と低く医療費高騰の一因のようであります。

そこで、この後発医薬品への変更を、ものは試しと、私の場合でやってみることに しました。私は数年前より成人病のデパートみたいで、降圧剤・狭心症・高尿酸・血流改善・ ビタミンEなど下記の7種類を服用しています。

先ず医師に予め下記の ★後発医薬品への変更可能なお薬の一覧表で、下調べして可能なものは後発医薬品に変更したいと申し出ました。

医師は薬効・薬価の本(多分、 保険薬事典―薬効別薬価基準 (平成17年8月版)と思われる )を出して、従来の薬がGE薬品に変更できるかを見てくれて、 数種あるものは、どれにするか相談してくれました。そして7種類のうち5種類が変更可能でしたが、ユベラは代替品も大同小異でしたので変更しませんでした。

次に薬局ですが処方箋を持って行きましたところ、一部取り寄せになるということで、揃う薬と領収書を貰って帰りました。 領収書には、薬の明記はなく薬剤料の合計点数が載っているだけでした。 これでは変更の内容が分らず、消費者が確認できない ので、薬局の責任者に問いただしたがシステムでこうなっているとの説明でした。

2種類の在庫のない薬とお薬の袋に入っている薬の種類と数量が領収書とどのように結びつくか、領収書では未渡しのものを含むか 含まないのかも説明できません。結局、薬剤料の種類と単価と数量を明らかにしない限り、説明できないことを責任者自身が認めて 新旧の一覧表を 作り説明させました。(何処の薬局でも多分同じスタイルだと思いますので、どこか厚生省?に改善要求する必要があります。)

こうして作成したのが下記の表ですが、薬代の中には薬剤料の他に調剤技術料と薬学管理料が領収書に書いてありますが、 薬剤料については、薬品名・単価・数量の内訳をはっきりさせるべきだと思います。 いずれにしても、特別の事情がない限り後発医薬品の利用の拡大を推進すべきと思います。 たいした額にならなくても自己負担分は勿論、健保負担分も 削減できるので、まだならぜひやってください。

★後発医薬品に代えて私が支払いした薬剤料の比較
(2週間分の薬価と数量の合計)
先発薬品名後発薬品名先発の薬代後発の薬代先発/後発の差
ノルバスク-  同左 -

1127.0

1127.0

0.0

バイアスピリン-  同左 -

89.6

89.6

0.0

ザイロリックアロリン

422.8

89.6

333.2

ロンゲスリシリトル

1148.0

343.6

804.4

カルデナリンバンリール

1022.0

210.0

812.0

アイトロールアルフロシン

546.0

443.8

102.2

ユベラ-  同左 -

358.4

358.4

0.0

- 計  --   -

4713.8

2562.0

2151.8


【注】節約された薬代(1ケ月分)自己負担分 2151.8×30%×2 = 1290円

計算上は1290円なりますが実際に前回の支払いと 今回の支払いの差は2290円−1670円=620円 で一ヶ月では1240円 廉価になります。率にすると27%の削減です。 勿論、自己負担分以外の保険負担分も同様削減されています。

●wikipedia/後発医薬品とは? ★後発医薬品への変更可能なお薬の一覧表

★どれだけ安くなるか !”日経”の記事 ★Q&A GE/あるゾロの会社の頁

●このページにリンクが張られていました。・・・「代替医学」のゾロ品・・・現在閉鎖されています

★おくすり110                         

inserted by FC2 system